TEL LINE

スポーツ障害 | 柏市・松戸市・南柏駅 南柏駅前しいづか整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

南柏駅前しいづか整骨院のスポーツ障害・傷害治療とは?

当院の施術方針

スポーツの能力向上はインナーマッスルの強化が必須条件





スポーツ障害治療は柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院にお任せください。

スポーツ障害は、長期間同じスポーツを続ける(同じ動作を繰り返す)ことで、特定の部位に負担がかかり痛めてしまうことで発症します。そのため「使いすぎ症候群」と呼ばれることもあります。同じスポーツを長期的に行うことで負荷がかかり過ぎ起きる訳ですが、成人だけでなく成長期の子供にも起こりやすい症状です。スポーツ障害は、練習を休んで様子を見ていればそのうち治るというものではありません。また、悪化すると後遺障など障害として残ってしまうこともあるので、柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院でしっかりと治療していきましょう。


野球肩、リトルリーガーショルダー、野球肘、テニス肘、腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群、ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨などスポーツの種類や負荷のかかる部位・度合い、練習の頻度などにより発症部位や症状は異なりますが、痛みや違和感があるのに無理して練習を続けるのはよくありません。

柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院では、スポーツ障害全般の治療を得意としています。無理して悪化させ、引退しなければならない、といった事態を避けるためにも早めにご相談ください。

スポーツ障害は早期発見、早期治療が重要、詳しくは柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院へご相談ください

スポーツ障害とはスポーツを通して起こるケガのことで、行うスポーツによってスポーツ障害の種類も異なります。例えばテニスをする方であれは、テニス肘など肘や肩にケガをする場合が多く、ランニングやジョギングをする方はスネや足首、ふくらはぎなど下半身を中心としたスポーツ障害が起こりやすくなっています。

スポーツ障害は症状が軽いうちはスポーツをしている時にだけ痛みが出るものがほとんどです。そのため、大げさに考える方は少なく、放っておけば治るだろう…程度に軽く考える方が多いのです。しかしスポーツ障害も慢性的な肩こりや腰痛と同じで、早期発見、早期治療が望ましいです。症状が軽いうちに治療を始めておくことで、結果として治療期間の短縮につながりますし、その後も問題なくスポーツを楽しむことができます。

症状がひどくなれば、日常生活に支障をきたす場合もありますし、最悪の場合、後遺症になってしまったり、スポーツができなくなってしまったりする場合もあります。柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院ではスポーツ障害全般の治療を行っております。これまでに数多くの患者様を治療してきた実績がありますので、患者様に合わせたオーダーメイド方式の施術でピンポイントにアプローチしていきます。