TEL LINE

脊柱管狭窄症 | 柏市・松戸市・南柏駅 南柏駅前しいづか整骨院

お問い合わせはこちら

脊柱管狭窄症

高齢者に多い、腰部脊柱管狭窄症。下肢やお尻に痛みやしびれが出たり、強張ったりすることから、歩行がままならない。歩くのが辛いという方は、腰部脊柱管狭窄症治療を得意とする、柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院へお越しください。

腰部脊柱管狭窄症の原因は、加齢に伴う骨の老化、変性すべり、椎間板ヘルニア、外傷、先天的な骨の形成不全などさまざまですが、若いころに重労働や重たい物を頻繁に持っていた方、腰を痛めたことのある方、デスクワークや運転など長時間されていた方、あまり筋肉を使わずにいたために筋力が低下している方などがなりやすい傾向にあります。

骨、関節、椎間板、靭帯などが肥厚してしまったために、神経が通る管が狭くなり神経が圧迫され、血行を阻害することにより腰痛、腰の周りが重くなる、ハリ感や違和感を覚えることがあります。歩き始めは特に症状が強い訳ではありません。しかし、しばらく歩くと足が痛み始めたり、しびれる、歩きにくくなるなど歩行が困難な状態になってしまいます。前かがみで休んだり、しゃがんだり座ったりすると痛みやしびれは治まり、また歩けるようになるのが腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。しかし、進行すると段々と痛みやしびれは強くなり、歩ける時間も短くなってきてしまい、重症化すると歩行障害が起きることもあるので、早めに柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院で治療を開始しましょう。柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院では、原因・症状にあわせた適切な施術を行うだけでなく痛みやしびれを悪化させないためのストレッチ法のアドアイスも行っております。