TEL LINE

野球肩、野球肘 | 柏市・松戸市・南柏駅 南柏駅前しいづか整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツのケガ

スポーツ障害は、長期間同じスポーツを続ける(同じ動作を繰り返す)ことで、特定の部位に負担がかかり痛めてしまうことで発症します。そのため「使いすぎ症候群」と呼ばれることもあります。同じスポーツを長期的に行うことで負荷がかかり過ぎ起きる訳ですが、成人だけでなく成長期の子供にも起こりやすい症状です。スポーツ障害は、練習を休んで様子を見ていればそのうち治るというものではありません。また、悪化すると後遺障など障害として残ってしまうこともあるので、柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院でしっかりと治療していきましょう。

野球肩、野球肘

野球肩、リトルリーガーショルダー、野球肘、負荷のかかる部位・度合い、練習の頻度などにより発症部位や症状は異なりますが、痛みや違和感があるのに無理して練習を続けるのはよくありません。特に野球肩、野球肘に関しては無理して投げすぎると余計に症状が悪化します。柏市・松戸市・南柏駅前しいづか整骨院では、スポーツ障害全般の治療を得意としています。無理して悪化させ、引退しなければならない、といった事態を避けるためにも早めにご相談ください。